今なら「2週間無料」オンラインフィットネス「リーンボディ」

自宅で筋トレ。器具は最低限なにが必要?

器具
筋トレ始めたい男子
筋トレ始めたい男子

ジムには行かずに自宅で筋トレするけど、なにを買ったら良いかわかんない。。最低限なにが必要なの?

という方向けの話題。

この記事の内容

  • 自宅筋トレに器具が必要な理由
  • 最低限必要な器具。3つ。
  • さらにもってるといいかもしれない筋トレ器具

現在43歳、お腹周りの肉が気になり始めて、40代から(というか最近)筋トレをはじめました。

数ヶ月続けて、少しづつ体型に変化が出始めました。

自宅での筋トレには、器具があった方が間違いなく効率的に鍛えることができます。

最低限こんなトレーニング器具があるといいよ、ということについて経験を踏まえて紹介していきます。

スポンサーリンク

自宅で筋トレに最低限必要な器具。その理由とは

自宅で筋トレをするなら、筋トレグッズは絶対あった方が良いです。

なぜかというと、

  • 必要に応じて負荷をかけられる
  • 効率的に筋トレができる

ざっくり解説します。

必要に応じて負荷をかけられる

自宅でのトレーニングで思いつく筋トレ方法は

  • 腕立て伏せ
  • 腹筋
  • スクワット

あたりですかね。

いわゆる自重トレーニングと呼ばれる方法です。

もちろん、自重のみで鍛えることも可能ですが、ある程度慣れてくるとあまり効いてない。。という時期がきます。

その時に、例えばダンベルとかがあると、簡単に負荷を高くしたトレーニングができるようになるんですよね。

自重トレーニングも負荷を高くする方法がありますが、忙しい40代の方は器具があったほうが比較的短時間でも中身の濃い筋トレが可能になります。

【効率的に筋トレができる】

自重のみでトレーニングをすると、回数をたくさんやるとか、セット数を増やすことが多いです。

時間効率が良くないんですよね。

それと、背中は特に、ですが器具なしで鍛えるの何度高め。

背中を鍛えると、明らかにシルエットが変わります。

周りが見る目線も違ってきます(個人差有り)

【まとめると】

まとめるなら

筋トレのバリエーションが増える

ことに尽きるかなと。

筋トレグッズがあった方が、何かと効率的。

自宅で筋トレをするなら、筋トレグッズは絶対あった方が良いです。

スポンサーリンク

自宅で筋トレ。最低限必要な器具はこれだ!

と、前置きは以上で、最低限これがあるといいなと感じた器具3つ紹介します。

  • 懸垂マシン
  • ダンベル
  • ヨガマット

順に解説します。

自宅での上半身筋トレに欠かせない

自宅トレーニングの王道器具と言ってもいいくらい。

懸垂マシン。

先に少し触れましたが、自宅でのトレーニングで器具なしで背中を鍛えるのは難しいです。

懸垂マシンがあると、背中のトレーニングはもちろん、多機能のものも多いので絶対あった方が良いですよ。

ゴリッゴリに鍛えたい、ではなくとりあえず健康的な体でいたい、という目的なら懸垂マシンのみでも十分です。

ちなみに、懸垂は今できなくても練習すればできるようになります。

【注意すること】

実は懸垂マシン導入には、いくつか注意点がありまして。

●場所を取る

大前提ですが、懸垂マシンを置くスペース必要です。

最低限ですが

  • 置くスペース=1メートル✕1メートル
  • 高さ=立って両手を上に上げた高さ

機種にもよりますが、最低限これくらいのスペースは必要です。

●家族の同意が必要(家庭事情による)

今も昔も変わりませんが、懸垂マシンを購入して、物干しになっているケースがすくなく有りません(笑)

それを知ってか、ダメ!と言われるお宅もちらほら。

なので、

「買ったら絶対やるから!」

よりは、懸垂マシンなしでのトレーニングを続けて、筋トレ続いてるアピールをすることで理解を得られることもあるかもしれませんので参考まで。

【選ぶポイント】

懸垂マシンはざっくり分けると2種類。

  • 懸垂だけのタイプ
  • 多機能タイプ(他のトレーニングも可能)

多機能タイプを選んだほうが、トレーニングに幅ができます。

選ぶポイントはいくつかありますが、以下の記事では

  • ここだけ見ておけば他はぶっちゃけなんでも大丈夫
  • おすすめの懸垂マシン

を紹介していますので参考にしてみてください。

ほぼ全身の筋トレを可能ににする器具

続いてダンベル。

こちらも言わずもがな。

あると、トレーニングの幅ぐんっと広がります。

パッと思いつくのは、力こぶを作る上腕二頭筋のトレーニングですが、ほぼ全身のトレーニングが可能。

自宅にあるペットボトルなどで代用する方法もありですが、長い目で見て筋トレを続けるなら一つはもっておきたい器具の一つです。

【ダンベル一個で可能な筋トレの例】

いくつかダンベルを使ったトレーニング方法を紹介します。

●腕

  • アームカール→力こぶ
  • キックバック→腕太くなる
  • リストカール→前腕強化

●胸

  • ワンハンドダンベルプレス→胸板厚くなる

●お腹

  • ダンベルレッグレイズ→シックスパック

●肩

  • ワンハンドショルダープレス→メロンみたいな肩

●背中

  • ワンハンドローイング→背中が厚くなる

●下半身

  • ダンベルレッグカール

コチラでは細かい筋トレ方法は省きますが、ダンベル1個でもいろんなトレーニングができるっていう話です。

【選び方】

実際に購入する時ポイントなど。

重さは20~30キロ程度のものがおすすめ。

腕は数キロでも十分ですが、大きな筋肉ほど重い重量が必要になるためです。

例えば、5kg程度で胸の筋肉を鍛えるのは効率が悪いので、20キロ以上のものがいいです。

それと、できれば重さ調整が簡単にできるものが良いですね。

トレーニングで追い込むときには、重量を軽くして回数をこなすことがありますが、付替えが面倒だと時間がもったいないです。

金額はピンきりですが、これら条件をクリアしてるおすすめのダンベルはこれ。

2秒で重さが変えられるスグレモノ。

ダンベルは一度買えば、ほぼ一生使えますので良いものを買うことをおすすめしてます。

筋トレのケガ予防に

3つ目はヨガマット。

腕立て伏せや腹筋など床でトレーニングすること多いです。

  • フローリング→痛い・傷がつく・怪我の元
  • 畳→畳が傷む、削れる

ヨガマットがあると気持ちよくトレーニングできます。

選び方

サイズは自分の身長より大きいものが前提。

厚さは、10mmがおすすめです。

数ミリのマットは、フローリングで使うと痛いです。

(薄いのを買って失敗した笑)

スポンサーリンク

自宅筋トレで持ってるといいかもしれない器具


最低限必要な筋トレ用の器具を紹介しました。

その他に、こんなのも有ると更に更にトレーニングの幅が広がるよ、っていうものをいくつか紹介しておきます。

フラットベンチ

見た目はただのベンチですが、1台あると重宝します。

  • ダンベルを使用したトレーニングのお供に
  • 腕立て伏せの負荷アップ

いろんな使いみちがあります。

【選び方】

強度は、ほとんどのものが100kg以上なので見た目で選んでOKです。

欲を言えば、角度を変えられるインクラインベンチならなおよしです。

プッシュアップバー

自宅トレーニングの王道、腕立て伏せに使用するプッシュアップバー。

床でやる腕立て伏せでは物足りなくなった時に威力を発揮します。

ほんとに効果あるの?と思ってしまうほど見た目単純な構造ですが、使ってみるとわかります。

全然違います。

筋トレを始めたばかりの頃はなくても良いですが、慣れてきたら購入しておきたい器具です。

詳しい使い方と、おすすめを紹介しています。

ダンベル(2個目)

最後に、2個目のダンベル。

両手にダンベルをもって筋トレができます。

先に紹介した

  • 背中

のトレーニングは、いずれも両手にダンベルをもってやることもできます。

となると、更に効率的に筋トレができるようになることがわかりますね。

自宅で筋トレ。器具は最低限なにが必要?~まとめ

自宅で筋トレをする時に、最低限必要なトレーニング器具を紹介しました。

【最低限必要なもの】

  1. 懸垂マシン
  2. ダンベル
  3. ヨガマット

【あればいいかもしれない】

  1. フラットベンチ
  2. プッシュアップバー
  3. ダンベル(2個目)

自宅での筋トレを効率的にしてくれる器具を紹介しました。

ここまで言っておいてなんですが、器具を買っても使わなければ意味ないです。

まずは、自重だけでもいいので筋トレを続けて、必要と思ったら買うのも一つの方法だと思います。

すでに筋トレ習慣があって、買おうか悩んでいるなら今すぐ買いましょう。

筋トレはメリットしかないです。

40代これからです。

頑張りましょう。

~~~~~~~~~~~
筋トレをするならダンベルがあった方が間違いなくトレーニング効率がいいです。

ジムに通うと、入会金に数十万、さらに毎月会費が数千円から数万円は必要。

そう考えると、ダンベルって買えば一生使えるので安い買い物なのかなと思います。

これから買うならプレート交換が簡単にできる可変式のダンベルがおすすめ。
これいいです↓↓↓
器具
スポンサーリンク
siboutoruをフォローする
40代男子。筋トレを始める。

コメント

タイトルとURLをコピーしました