今なら「2週間無料」オンラインフィットネス「リーンボディ」

お腹の脂肪を取る方法。漢方のすすめ。

最近、漢方薬がダイエッターの中で話題になっている事をご存知ですか?というのも漢方の効果で内臓脂肪を効果的に燃やす事ができるからなんです。内臓脂肪は太って見えるという事はもちろんの事、多くの生活習慣病の原因となってしまうため、健康にも良くありません。健康診断で指摘されて気になっているという人もいるのではないでしょうか?

スポンサーリンク

お腹の脂肪を取る方法 漢方

便秘しがちという人におすすめしたい漢方薬が「暴風通聖散」。身体の水の巡りをよくしてくれて、便秘の解消効果が期待できるんです。腸内環境が整ってきますと、脂肪の吸収を抑えてくれる善玉菌が増える事も期待できますよ。そんな防風通聖散の成分は下記のようになっています。

防風(ボウフウ)
黄ごん(オウゴン)
大黄(ダイオウ)
芒硝(ボウショウ)
麻黄(マオウ)
石膏(セッコウ)
白朮(ビャクジュツ)
荊芥(ケイガイ)
連翹(レンギョウ)
桔梗(キキョウ)
山梔子(サンシシ)
芍薬(シャクヤク)
当帰(トウキ)
川きゅう(センキュウ)
薄荷(ハッカ)
滑石(カッセキ)
生姜(ショウキョウ)
甘草(カンゾウ)
Source: おくすり110番
?こちらのお薬は下剤と共に使用してはいけません。また授乳中は服用を避けるように指導されています。

スポンサーリンク

お腹の脂肪を取る方法 漢方

薬剤師や医者と相談して購入がベター

漢方薬は実に様々な種類があります。そのため内臓脂肪に効果がある漢方薬という事で探しても、多くの種類がヒットする事になるんです。それらはそれぞれ成分が異なっており、年齢や体質に依っても効果が出やすい・出にくいといった違いがあります。そのため自分に最適な漢方薬を選ぶには薬剤師さんやお医者さんと相談してから購入するのがベターなんです。お店によってはドラッグストアなどでも漢方に強い薬剤師さんがいる事もありますので、是非一度相談してみてください。

スポンサーリンク

お腹の脂肪を取る方法 漢方

空腹時に飲む&継続するが大切

即効性がある漢方薬も中にはありますが、漢方の基本は継続してゆく事によってジワジワと効果が現れてきます。数か月くらいのスパンで忘れずに飲み続けてみてください。忘れた頃に効果を実感できるかもしれません。また漢方は飲むタイミングも重要。基本的には空腹時に飲むように指示されています。それは空腹時の方が成分を素早く吸収できるという点と、一部漢方では食前の方が穏やかに吸収されるというものもあるためです(胃酸などの出方によって漢方の効き方が変わってくるため)。もちろんお薬によって、最適なタイミングは変わってきますので薬剤師さんにしっかりと確認しておきましょう。

「飲めばなくなる」ではない

内臓脂肪に効果を発揮してくれる漢方薬ですが、注意しておいて欲しいのは、飲んでいれば脂肪がなくなるというワケではないという事です。漢方薬は身体が正常な状態になるのを助けてくれますが、最終的にその効果を発揮できるかどうかは自分次第。漢方薬を飲んでいるから大丈夫とこれまで以上にご飯を食べていては元の木阿弥です。内臓脂肪を落とすためには、やはり食生活についても見直す必要があります。まず大切な事は野菜、魚、肉、炭水化物に果物などなどバランスの良い食事を摂る事。大人ですから好き嫌いばかり言っていてはダメですよ。量のも腹八分目を意識するようにしてください。そして気を付けたいのが食事の質。年齢を重ねる事に代謝が落ち、身体に必要な栄養素はだんだんと変化してゆきます。若い時と同じような食事を続けてしまいますと、それだけで身体に脂肪が溜まってしまいます。そしてもう一つ気を付けるべきは食べる順番です。汁物やお野菜から食べるようにしますと、それでお腹が満たされて、食事量を減らしても満腹感が得られます。

~~~~~~~~~~~
筋トレをするならダンベルがあった方が間違いなくトレーニング効率がいいです。

ジムに通うと、入会金に数十万、さらに毎月会費が数千円から数万円は必要。

そう考えると、ダンベルって買えば一生使えるので安い買い物なのかなと思います。

これから買うならプレート交換が簡単にできる可変式のダンベルがおすすめ。
これいいです↓↓↓
メニュー
スポンサーリンク
siboutoruをフォローする
40代男子。筋トレを始める。

コメント

タイトルとURLをコピーしました