今なら「2週間無料」オンラインフィットネス「リーンボディ」

プロフィール

で、誰?と感じている方も多いと思います(ほぼ皆さんでしょうけども)

簡単に、自分のこれまでの筋肉プロフィールについて触れておきます。

ちなみに、2020年現在43歳です。

スポンサーリンク

筋トレに興味がなかった10代

今でこそ筋トレ大好き!!とか言ってますが、若い頃からだったわけではなく。

学生時代は運動部に入っていて、バスケットをやってました。

運動部なのでそれなりに体を作ったりする必要は有りましたが、わざわざ時間を割いてまで筋トレなんかするもんじゃないっていう状態。

なので、野球部がバーベルとかダンベルとか使って筋トレしたり、懸垂してる姿をみて

「あいつら変態だ」

とか思ってた記憶があります。

ま、後に自分もそうなってしまった訳けですが笑

そんなんなので、体力つけたり、鍛えたりするのは部活の時間のみ。

当時体重が65キロくらいで身軽だった記憶がありますね。

ただ、部活以外では何もしなかったわけではなく、自転車で通学してたんです。

だからあえて筋トレする、っていう発送がなかったのかもしれません。

その距離

片道十数キロ(笑)

加減したりができなくて、なぜか自転車漕ぐと必死でした(笑)

結果、学校についたとき、帰宅したときは、大概汗だくで、必要以上に着替えを常備していましたねぇ・・。

そんなこんなで、筋トレとは無縁だったわけですが、下半身だけモリモリ。

変な体型だった記憶があります。

その後、高卒で消防署に採用されました。

採用試験で体力テストってあるんですよね。

当時は

  • 腕立て伏せ
  • 腹筋
  • 懸垂
  • 握力
  • 50m走

だったかな?

それなりにできたんですが、唯一懸垂が苦手で、採用試験での回数は

2回www

これで落ちたら懸垂のせいだな・・って思いましたが無事受かりました。

あまり関係なかったのかな?(んなわけない)

スポンサーリンク

体作りに目覚めた20代

そんなこんなで、懸垂2回、でもある程度走れて体力もあったので「それなりに」頑張りました。

転機は、消防の大会で、救助技術大会に参加したこと。

他の消防本部の輩をみて、

「この人達同じ人間なの?」

と衝撃を受けます。

単純な自分は、誰かにできるなら自分にもできるよね、っていう短絡的思考で体作りに目覚めます。

職場での筋トレ、休日の体力づくり筋トレ年から年中何かしらやってました。

その他に、タイミング良く近所にプール&ジムができたので水泳も始めたり。

さらに水泳ができるので、ついでにトライアスロンにも挑戦。

とにかく、動きっぱなしで落ち着きのない20代でした。

今になって考えれば、周囲からは学生時代の野球部のような感じで見られていたかもしれないです。

「あいつキチガイだな」

スポンサーリンク

70キロ→90キロ→80キロ大変動の30代

人間30代になると、丸くなり落ち着き始める年頃(たぶんそんな感じがする)

ご多分に漏れず、結婚して子供を授かり、トライアスロンを辞め、消防の大会からも離脱。

落ち着いた・・はずでした。

が。

一度引退した消防の大会に出てくれ、と当時仲の良かった先輩に頼まれます。

流石に断れず参加を決めました。

大会にも色々種目があって、身軽さ重視の種目をやっていた所に、今度はパワーが重要視される種目へと変更。

すると必然的に体を作る必要があり、先にその種目に参加していた後輩から

「体重増やさないとだめっすよ」

と助言がきます。(ってかお前がやれよ、って言いかけたけどガマン)

当時の体重は約70キロ。

後輩いわく、

目標90キロ(笑)

その後輩は伸長185センチ、体重95キロw

そりゃね。苦労しなかったでしょうよ。

おら70キロから20キロ増やすってなに?

でもね。人の体ってすごいです。

体重増やしつつ筋肉もつけないといけないので、とにかく食いました。

1日5食とか。

さらに体重増やすプロテイン。

そして筋トレ。

半年ほどで10キロ増量。

次の年には、20キロ増量して90キロに到達。

なせばなるもんです。

困ったことといえば、

今まできていた服が入らないw

20キロも増えれば体型も変わりますしね。

仕方ないかなと。

その後90キロを維持しつつ、ようやく大会要員から引退。

そして、丁度20年勤務して消防署を退職します。

退職したあとは、興味があった仕事

  • バス運転手
  • 林業

などやりたいことをやってました。

同時に、筋トレ&運動とは無縁の生活に突入。

ちなみに、バスの運転手になると、基本座ってる時間が長いので、異状なスピードでお腹に浮き輪ができます。←あっちゅーまです

それと、林業は肉体労働ではありますが、体を酷使するというよりかはチェーンソーとか機械操作が疲れるぐらいで、足腰はさほど酷使しません。(多少は使いますけど)

そんなこんなで、お腹ポッコリ体型になるのにさほど時間はかかりませんでした(笑)

40代。自宅での筋トレを開始

そして40代に突入。

ある日突然なにかが変わるわけではないですが、何よりも

「40歳」

の響きが急におっさん感を増幅させますね(笑)

子供たちもまだ小学生。

先は長い。

そんなこんなで、

  • 体力つけないといけないし
  • たるんだ体見るの辛いし
  • ズボンきついし
  • 「太った?」って子供たちに言われるし

ついでに、

「おめーの父さんなんかすげーな!」

って子どもたちが言われたら嬉しいかな、っていう理由で老体にムチうって一念発起!

ジムには通わず

  • 自宅トレ
  • 基本自重

で、体づくりを始めた40代です。

ということで、当ブログでは

  • 筋トレのやり方・種目
  • 器具の紹介、使い方
  • プロテインに関すること

など、自分の20年ちょいの筋トレ経験(一部空白期間あるけど)に基づいた情報を発信しています。

  • 筋トレ初心者の方
  • 40代の方

の参考になるのはもちろん、若い方でも、

40のおっさんができるならオレにもできそうだ!

というきっかけになれば幸せです。

長々と書いてしまいましたが、最後まで読んでいただいてありがとうございました。

筋トレ、頑張りましょう!

タイトルとURLをコピーしました