今なら「2週間無料」オンラインフィットネス「リーンボディ」

懸垂マシンってどこに売ってる?選ぶポイントは1つだけ!

器具

懸垂マシンってどこに売ってるの?

という方向けの話題。

自宅トレーニング機器の代表格の懸垂マシン。

いざ買おうとすると意外と見つからないことも多い懸垂マシンですが、どこで買えるかについてです。

また、どれもすべて同じではなく、選ぶ時のポイントもあります。

実際に何種類か使用してみたので、これから購入する方に選ぶ時のポイントも合わせて紹介します。

  • 懸垂マシンってどこに売ってる?
  • 懸垂マシンを選ぶ時のポイント
  • 自分が使用中の懸垂マシン

について紹介しています。

実際に購入する時の参考になるとうれしいかなと。

追記:順調に活用しているのでその模様と、懸垂ができない時の練習方法なども後半で紹介します。

男性におすすめしてるのはこれ。コスパ、強度も十分です。

スポンサーリンク

懸垂マシンってどこに売ってる?選ぶポイントは◯

さて、懸垂マシンとはいうものの、呼び方にはいくつか種類があります。

  • ぶらさがり健康器
  • チンニングスタンド
  • プルアップスタンド

などなど。

いずれも、同じような構造です。

どれを買ってもいいなら、一番やすいの購入すればいいよね

と感じるかもしれませんが、筋トレ用として購入する場合(ほとんどの方がそうだとは思いますが・・)いくつか選ぶポイントがあります。

実際に何種類か使用してみて、最低限ここだけ見ておけばOK、というポイントについて紹介します。

答えは

耐荷重

です。

懸垂マシンを選ぶポイントは「耐荷重」

懸垂マシンを選ぶ時のポイントはズバリ「耐荷重」のみです。

厳密に言うと、懸垂マシンを購入する場合のポイントは他にも色々あります。

  • パイプの形状
  • 足場部分の安定性
  • 可能なトレーニングの種類
  • 高さ調整
  • グリップ部分

などなど。

ぶら下がるだけの健康器具として購入するならぶっちゃけなんでも良いのですが、懸垂器具として考えた場合。

耐荷重が低いとしなる=曲がる

耐荷重が低い懸垂マシンで懸垂するとしなるし、1年位使うと全体が曲がってきます。

なので、懸垂マシンは耐荷重を一番重要視しましょう。

他の

  • パイプの形状
  • 安定性

は耐荷重が上がると必然的に頑丈な作りになるので気にしなくていいです。

耐荷重が高い懸垂マシンがいくつかピックアップできたら、あとは

  • 価格
  • 可能なトレーニングの種類

ですかね。

この辺は、それぞれ事情があるはずなので自分の条件に合うものを選べばOKです。

いくら耐荷重が高いとはいえ、あくまで静荷重が基準(静止した状態からゆっくり重さを与えること)。つまり、ジャンプして飛びついたりした場合(衝撃荷重)には変形することもあるので、使用する際は注意しましょう。

懸垂マシンの耐荷重ってどのくらいを選ぶ?

「耐荷重ってどのくらいを選べばいいのよ」

っていう話になります。

経験上

  • 男性・・150キロ以上
  • 女性・・100キロ以上

を目安に選ぶと良いです。

もちろん女性が150キロの耐荷重のものを使用するのは問題ないです。

ただし、男性が100キロのものは控えましょう。

なぜなら

しなるし曲がるから

ですね。

スポンサーリンク

懸垂マシンってどこに売ってる?

ということで、前置きが長くなりましたが、懸垂マシンはどこに売ってるかです。

ざっくり分けるなら

  • 店頭購入
  • ネット

の2つの方法があります。

それぞれの購入方法のメリット・デメリットを考えてみました。

店頭

店頭で懸垂マシンを購入する場合。。

メリット

  • 実物を見て購入できる
  • その日から使用できる
  • 実際に試すことができる(展示されている場合)

すぐ手元にくる、のが最大のメリットですね。

デメリット

  • 選べる種類が少ない
  • 持ち帰りの手間がある(大きい)
  • 割高

逆にデメリットは、ネット販売に比べて取り扱い種類が少ないこと。

体感的には、店頭で展示されている懸垂器具は、良くて耐荷重100キロ程度のものがほとんどです。

また、ネットに比べると割高になることも少なくありません。

ネット

づづいて、ネットで購入する場合

メリット

  • 選べる種類が豊富
  • 持ち帰りの心配がない
  • 同じ器具でも最安で購入できる

ネットの一番のメリットは、店頭購入と比べて、圧倒的に選択肢が多いこと。

また、ネットショップを見比べて、一番安い最安値で購入できるメリットもあります。

デメリット

  • 届いてみないとわからない
  • 購入してから届くまで時間がかかる

デメリットとすれば、実物を見ることができないため、開けてびっくり・・予想と違う・・ということもあります。

この点は、ネットショッピングの宿命とでも言えますね。

懸垂マシンはどこで買う?

ネット購入と店頭購入について紹介しました。

どちらも一長一短ありますが。

個人的には

ネットで購入

をおすすめします。

理由は

  • 運ぶ手間がない
  • 選べる種類が方法
  • 最安値で購入できる

からです。

とはいえ、店頭で気にいった懸垂マシンがあれば買う、のはありだと思います。

スポンサーリンク

耐荷重で選ぶ。おすすめ懸垂マシンはこれだ

ということで、懸垂マシンを購入するならネットがおすすめだよ、っていう話でした。

とはいえ、耐荷重目安をクリアしているものだけを拾ってもいくつか種類があるので悩む方もいるかも知れません。

そんな方のために、独断と偏見でおすすめの懸垂マシンを紹介します(笑)

男性におすすめの懸垂マシン

まず男性におすすめするのがこれ。

耐荷重は180キロです。

できる運動は

  • 懸垂
  • ディップス
  • 腕立て伏せ
  • 足上げ腹筋

です。

なぜおすすめなのかというと・・

使ってるから(笑)

このレベルの耐荷重の懸垂マシンで最安です。

(ざっくり最後で紹介しています)

女性におすすめの懸垂マシン

続いて女性におすすめはこちら。

耐荷重は100kgです。

それと、色が3色あるので好みのカラーが選べるのが良いですね。

自分が使ってる懸垂マシンはこれ

ざっくり自分が今使用してる懸垂マシンを紹介します。

耐荷重は180キロです。

価格はショップによりますが、10000切っているショップも多いでコスパは最強です。

足の部分。

ぶら下がる側が少し外に傾いているのと、吸盤のような形状をしている分、安定性が向上してます。

パイプ形状。

見ての通り楕円のような形状。

円形パイプよりも強度があります。

懸垂マシンってどこに売ってる?まとめ

以上、懸垂マシンについて

  • 懸垂マシンってどこに売ってる?
  • 懸垂マシンを選ぶ時のポイント
  • 自分が使用中の懸垂マシン

などなど紹介しました。

まとめると

  • 購入するなら、ネット購入がおすすめ
  • 選ぶ時は「耐荷重」を見る
  • 男性・・150キロ以上
  • 女性・・100キロ以上

ということで、懸垂マシン購入から数か月。

順調にいろいろ活用しています。

>>懸垂マシンでできることを色々考えてみた。

>>懸垂ができない場合の理由とは?理由と練習方法を紹介。

参考になると幸せです。

ありがとうございました。

~~~~~~~~~~~
筋トレをするならダンベルがあった方が間違いなくトレーニング効率がいいです。

ジムに通うと、入会金に数十万、さらに毎月会費が数千円から数万円は必要。

そう考えると、ダンベルって買えば一生使えるので安い買い物なのかなと思います。

これから買うならプレート交換が簡単にできる可変式のダンベルがおすすめ。
これいいです↓↓↓
器具
スポンサーリンク
siboutoruをフォローする
40代男子。筋トレを始める。

コメント

タイトルとURLをコピーしました