今なら「2週間無料」オンラインフィットネス「リーンボディ」

腕立て伏せの呼吸ってどうなの?逆?

筋トレとか運動をするときには呼吸が大事って言われてます。

なれると無意識で出来てることも多いですが、ふと気になり始めると

「・・・なんか違う?あれ?逆?」

不安になることもありますよね。

ということで腕立て伏せのときの呼吸です。

それと、呼吸を止めるのは良くないって聞きますけど、そうでもないらしい、っていう話題にも触れてます。

スポンサーリンク

腕立て伏せの呼吸ってどうなの?逆じゃない?

ということで、腕立て伏せをするときの呼吸方法です。

あ。逆だった。

っていう方は気をつけましょう。

腕立て伏せをするときは

  • 下ろす・・・吸う
  • 上げる・・・吐く

です。

言い換えると

  • 力を入れるときに吐いて
  • 力を抜くときに吸う

とも言えます。

なれると自然にできますし、逆にするとなんか違和感。

もちろん、腕立て伏せに限った話ではなく、他のトレーニング全てに共通します。

筋トレの呼吸

いくつか例に出してみます。

スクワット

  • 下ろす・・・吸う
  • 上げる・・・吐く

懸垂

  • 上げる・・・吐く
  • 下げる・・・吸う

腹筋

  • 下げる・・・吸う
  • 上げる・・・吐く

上げる下げるで表現すると、なんとも分かりづらい見栄えになりますね(笑)

この辺は、想像してみてもわかると思いますが、例えば重いものを持ち上げるときってどうします?

・・・

・・・

・・・

多分、「フンッ!!」とか「おりゃ!!」って声出すような気がしませんか?

息を吐いてますよね?

一緒です。

スポンサーリンク

腕立て伏せで呼吸を止めるのはダメ?

ちょっと話はそれるんですが、基本トレーニングの呼吸は「吸う」「吐く」を繰り返してますが、「止める」って良くないって聞きますよね?

必ずしもそうでもないらしい、っていう話です。

以下の記事。※外部サイト

筋トレ中は呼吸を止めてはいけない!はどこまで本当か?
アラフォー男がアンチエイジングについて考えるブログです。

筋トレをするときって、呼吸を絶対止めるな!と呪文のように吹き込まれた記憶があります(ですよね?)。

ところが、根拠がどこにも見当たらず、なんなら止めたほうがパフォーマンス上がるんだぜ、という文献もあるとのこと。

考えてみれば、ちょっと呼吸を止めたただけで血管が切れようもんなら、筋トレ界隈の人たちほとんどまずいことになってるでしょうしね。

もちろん、止めすぎは酸欠になるので良くはないけども。

なんかおもしろい発見ができました。

これからは、呼吸を止めることに神経質にならなくて良くなった感。

スポンサーリンク

腕立て伏せの呼吸ってどうなの?逆じゃない?~まとめ

ということで、腕立て伏せをするときの呼吸についてざっくり紹介しました。

腕立て伏せをするときは

  • 下ろす・・・吸う
  • 上げる・・・吐く

言い換えると

  • 力を入れるときに吐いて
  • 力を抜くときに吸う

です。

それと、筋トレ中に呼吸を止めることは必ずしもダメじゃないよ、という話でした。

ではでは。

最後までありがとうございました。

~~~~~~~~~~~
筋トレをするならダンベルがあった方が間違いなくトレーニング効率がいいです。

ジムに通うと、入会金に数十万、さらに毎月会費が数千円から数万円は必要。

そう考えると、ダンベルって買えば一生使えるので安い買い物なのかなと思います。

これから買うならプレート交換が簡単にできる可変式のダンベルがおすすめ。
これいいです↓↓↓
スポンサーリンク
siboutoruをフォローする
40代男子。筋トレを始める。

コメント

タイトルとURLをコピーしました